HOME > 新聞奨学生に関するQ&A

新聞奨学生に関するQ&A

奨学会全般について

  • 奨学金は卒業後に返済するのですか?

    • 返済の必要はありません。さらに、働くことによって毎月の給与や年数回の賞与を奨学金の他に受け取ることができます。

  • どの学校へ入っても制度は適用されますか?

    • 多くの奨学会は、新聞配達のニーズのより高い大都市圏での募集がほとんどで、進学する学校に近い販売店への配属になります。また、夕刊の配達に支障の無い授業を選択できる学校であることも条件です。配達時間に必ず授業に出なければいけない学校への入学を希望している場合は、制度が適用されない場合もあります。授業の都合で夕刊配達に間に合わないという場合には、夕刊配達のない地域や、朝刊のみの配達コースを設けている奨学会を選ぶのがよいでしょう。

  • 理系志望ですが、新聞奨学生になることはできますか?

    • 理系の募集は行っていない奨学会も多いので、事前に問い合わせる必要があります。理由としては実験・実習など時間に不規則な授業が多く夕刊の配達時間に間に合わないためです。どうしても新聞奨学生になりたい場合には、夕刊配達がないコースのある奨学会を選び、奨学会や販売店と相談するとよいでしょう。

  • 自宅に住みながら新聞奨学生になるのは可能ですか?

    • 基本的は学校に通える範囲の地区で住み込みになりますが、自宅が学校の近くだという場合には、奨学会に相談してみましょう。近くの配達所で採用されれば、自宅通学の奨学生として新聞奨学生制度を利用できる場合もあります。

仕事の内容について

  • 新聞配達をしたことがないのですが。

    • ほとんどの人が新聞配達については未経験です。所長や先輩が親身に指導してくれますし、配達コースも何度か一緒に回ってくれます。慣れるまでは大変ですが、約1ヶ月くらいで一人前にこなせるようになります。経験を積んで配達コースを覚えたり、折り込みなどの作業が手早くできるようになれば、それほど苦にならない業務です。朝のさわやかな香りを憶え「ありがとう」「お疲れさま」とお客さまに声をかけられれば充実感が増してきます。

  • 女子でも入会できますか?

    • もちろん入会できますし、実際に多くの女子が目標を持って働いています。心細くならないように女子は複数以上を配置している奨学会もあります。女子だからと言って男子と給料や賞与で差が付くことはありません。

  • 配達は自転車?バイク?

    • 都内か近郊か、またはアップダウンが多い少ない、または配達地域が密集しているかどうかなどで、自転車,バイクの配置は異なりますが、バイク(原動機付き自転車)の免許の取得は、ほぼ必須条件です。入所前に取得しましょう。原付バイクの免許は学科試験と適性検査と実技試験に合格すればその日のうちに実技講習を受けて取得することができます。原付バイクの免許取得に詳しいサイト 「原付免許 取得講座」 原付免許を取得するまでの基本情報が掲載されていますので参考にするとよいでしょう。

  • 配達以外の業務を教えてください。

    • 集金が主ですがセールスを行う販売店もあります。集金は、契約して頂いている読者を訪問してお金を集める業務。月末の昼間と夜間に行います。読者と接する機会なので感謝を込めて集金をします。セールスは、新しい配達先を見つける仕事。引っ越してきた家、新築のマンションや集合住宅がねらい目です。成績により給与に反映されるところもあります。奨学会によっては、集金やセールスは学生は行わない場合もあります。

  • 休日はどのくらいありますか?

    • 奨学会やコースによって異なりますが、4週6休(28日間で6日の休み)が多いようです。同僚が休みの日はコースを交代しフォローしあいます。また、有給休暇も設定されていますので、旅行や帰省などで利用できますよ。

暮らしについて

  • どんな部屋が用意されますか?

    • 販売店内の1室か近所のアパートのどちらかですがプライバシーのしっかりした個室が用意されます。自分で部屋を借りることは出来ません。お風呂は広い湯船が気持ちいい銭湯を利用しますが、販売店にシャワーがあるケースも。洗濯もコインランドリーを利用しますが、販売店にある場合もあるようです。

  • 部屋に電話を引いてインターネットはできますか?

    • 販売店によって、通信環境は異なります。配属が決まったら電話や通信回線がどの程度使えるのかを問い合わせるとよいでしょう。モバイルの受信環境も検討しておいたほうがいいかもしれません。また、携帯電話の電波が十分入るかどうかも配属されたら確認が必要でしょう。

  • 給料は足りるのでしょうか?

    • 家賃を支払う必要がありませんし、食費は払いますが、販売店で朝・夕食が食べられますので、無駄使いをしなければ十分な金額です。奨学生をしながら貯金をしたという人も少なくありません。

  • 赴任・入所はいつ頃ですか?

    • 多くの奨学会は高校の卒業式を終えたらすぐに赴任・入所を求められます。環境の変化で大変ですが、新しい街・新しい住まいに慣れ、仕事を始め、入学式を迎えたほうが良いという配慮からです。 慣れない新聞配達で始めは疲れるので、学校が始まる前にある程度リズムをつかんでおくとよいでしょう。奨学会によっては事前に合宿研修を行う場合もあります。

  • けがや病気をした場合はどうなりますか?

    • 業務中事故にあった場合は、労災保険が適用されます。通常の風邪などの病気は国民健康保険でカバーされます。病気の場合は基本的には同僚などが配達を代わってくれますが、お互い負担をかけないように、普段から体調管理には注意する必要があります。特に業務中は自転車・バイクに乗っているのですから被害者にも加害者にもならないように安全運転に十分気をつけましょう。

学校生活について

  • クラブ活動はできますか?

    • 難しいと思います。夕刊配達のために午後3時には販売店へ出勤する必要があるからです。ただし、仕事に慣れた先輩は時間をやりくりしてクラブ活動をしていると聞いたことはあります。本人の責任において判断することでしょう。(夕刊配達免除コースを用意する奨学会もあります)

  • 予備校に行きながら奨学会に入れますか?

    • いくつかの奨学会が予備校コースを用意していますし、多くの先輩が新聞奨学生として働きながら予備校に通い、無事志望校に合格しています。ただし、受験勉強と新聞配達の両立は本人の自覚と努力が一般の奨学生よりも多く必要です。自信の無い人は良く考えてからにしましょう。

その他

  • 途中で奨学会・販売店を辞めることはできますか?

    • 奨学会は最後まで勤めてもらうことが条件で奨学金を支給しています。年度の途中で辞めると奨学金を返さないとならなくなりますが、辞めることは可能です。その場合は、残りの期間に応じて貸与された奨学金を一括返済することになります。しかし、将来の夢や希望をしっかり考えていると新聞配達の仕事が自分の将来にプラスになることがわかります。充実した学生生活と仕事を両立させるにはモチベーションを高くもちましょう。

  • 夏休みや冬休みはありますか?

    • 学校が夏休みや冬休みなどの長期休暇中でも新聞の休刊日でない限りは基本的には仕事があります。休日は販売店でのシフトによりますので、スタッフの人数などによっても異なりますが、遠方の実家に帰省したいという場合には、盆や正月に3日程度の連休を取るのが一般的です。

  • 奨学生は保護者の扶養控除の対象ですか?

    • 奨学生の場合、年間所得が103万円(基礎控除38万円、所得控除65万円)以上になるので控除の対象になりません。また年間の収入が130万円を越えると(多くの場合超えますが)保護者の健康保険が使えませんので国民健康保険に加入が必要となります。

  • 奨学会は就職活動を助けてくれますか?

    • 新聞奨学会の多くは、奨学会名義の推薦状などを発行してくれるのでそれが役立つことは必至。でも、それはみなさんが学校と仕事を両立してきたから。厳しい条件のもとで、時間のやりくりをしながら業務を遂行したという実績は、大きなアピールになります。同世代のライバルに比べ自信と誇りを持って面接や試験など就職活動にチャレンジして欲しいと思います。でも、最終的にはキミ自身の資質ですよ。

  • 保証人は絶対に必要ですか?

    • どの奨学会でも保証人は必要になります。一般的には両親のいずれかが保証人となって、もう一人別に連帯保証人が必要です。これは、奨学生が未成年であることが多いためと、1年間仕事をすることを条件に貸与した奨学金の残金を、途中退会の際には一括返済する必要があるためです。本人が支払えない場合には、保証人である両親、または連帯保証人に請求されることになります。