新聞奨学生通信 資料請求
奨学生のシステム 入会までの流れ Q&A 現役・OB奨学生の話 奨学生の一日 奨学生リンク 奨学会のご案内 奨学会制度説明会 表紙へ
 

 

 夢を“確かな目標”にするために「日経」が応援します。
日経育英奨学会
一括資料請求
日経育英奨学会の資料のみ請求
日経育英奨学会ホームページへ

◆日経育英奨学会の特長

日経奨学会はあなたの進学を全力で応援します!
日経奨学会は、進学するための「学費」と「住まい」を用意しています。
また、集金業務はありませんので、ゆとりのある学生生活が送れます。
安心して日経奨学制度をご利用ください。

 

◆待遇

日経育英奨学会パンフレット「集金なし」&「4週6休」で充実した奨学生ライフを実現します。


選ぶなら「日経」6つのポイント

  1. 東京地区で一番奨学生が多く、女子学生もたくさん在籍。
  2. 学費は無利子で全額貸与。そのうえ免除額内であれば全額返済は不要。
  3. 集金業務はありません。休日は4週6休制。
  4. 全員に個室を無料で用意。全室にエアコンまたはクーラー完備。また全店にシャワールーム、シャワートイレを完備。
  5. 日経は固定読者が多く、読者層もよいため配達もスムーズ。
  6. 卒業後の就職をバックアップ。セミナーの開催や推薦状の発行

◆奨学金について

  4年制コース 3年制コース 2年制コース 1年制コース
東京地区 450万円 320万円 220万円 100万円

上記金額は返済免除額です。学費は全額貸与で、しかも免除額内であれば全額返済不要です。
4年制コースは勤務4年目に自己負担なしで全員を海外研修に御招待します。(2017年度実績:ハワイ4泊6日)
※1年制コースで学費を借りない場合(独学生)は1年修了時に60万円を支給します。

 

◆途中退会の場合

  • 途中退会する場合、勤務年数に応じて、奨学金を支給します。それをお貸しした学費に充当し、清算して頂きます。
  • 1年未満勤務で退会の場合、奨学金は支給されません。なお、お貸しした学費は退店時に一括返済していただきます。

◆業務内容、給与等について

業務内容 主にバイク(一部自転車)を利用し、受け持ち区域の朝・夕刊を配達します。他に新聞配達に付随する業務、PR宣伝物の配布、 新聞チラシ広告の折込作業(最新鋭折込機全店導入)
<集金業務はありません>
給与 月額126,500円以上
賞与 年2回、7月と12月に支給
休日 週休制(4週6休)
有給休暇 初年度(入店6ヶ月後)10日、以後1年経過ごとに1日加算(労働基準法準拠)
保険 労災保険、傷害保険に全専売所が加入している為、自己負担はありません。国民健康保険料は自己負担となります。
住居 全店完全個室(部屋代無料)、全店シャワールーム、シャワートイレ完備。全室にエアコンまたはクーラー完備
食事 朝食・夕食を用意、食費は月額29,000円以内(1ヶ月分・実費精算です。) ※一部店舗により異なります。
通学補助 通学定期代で月額5,000円を超えた場合、差額を5,000円まで補助
特典 就職に際して、希望者には日経育英奨学会理事長の推薦状を発行します。
4年制コースは勤務4年目に自己負担なしで全員を海外研修にご招待します。(2017年度実績:ハワイ4泊6日)

 

◆適用校案内

  • 4年制大学
  • 専門・各種学校
  • 予備校

詳しい校名は、お問い合せ下さい。
学部、学科(コース)によっては、受付できない場合があります。
学校によっては定員になり次第締め切る場合があります。

 

◆募集地域

このお知らせは東京地区のお知らせですが、東京以外の地区で日経育英奨学会を希望される方は
福岡地区は「西部育英奨学会」北海道札幌地区は日経育英奨学会と提携をしている「北海道新聞奨学会」をご案内いたします。

 

◆奨学生制度説明会

日経育英奨学会、奨学生制度説明会へ

 

◆問い合わせ先

日本経済新聞育英奨学会
フリーダイヤル 0120−00-5725
電話受付時間 月曜日〜土曜日(9:30〜17:30)
東京都中央区日本橋茅場町1-7-5 日経茅場町第二別館 3階 〒103-0025

 

 

お問い合せ・資料請求は下記のボタンから受け付けています。

 

一括資料請求 / 日本経済新聞育英奨学会の資料のみ請求

新聞奨学生通信

 

 

 

Copyright (C) AD8,inc. All Rights Reserved.
予備校を探すならe-予備校ガイド 専門学校を探すなら0から探す専門学校