• 朝日奨学会
  • 産経新聞奨学会

奨学会のシステム

新聞奨学会制度は、奨学会(新聞社)によって、ビミョーに違うのを知っているだろうか。しかし、基本的なシステムは変わらないので、まずはその仕組みを押さえておこう。

奨学会のシステム

入会までの流れ

実際に新聞奨学生になるための申し込みや入会までの流れはどうなっているのでしょうか。奨学会によって違いはありますが、一般的な入会までの流れをご説明しましょう。

奨学生の一日

新聞奨学生の仕事って大変だと聞くけど、本当はどうなんだろう。
どう大変なの?どんな一日なの?
標準的な新聞配達店に勤める新聞奨学生 鈴木一郎(仮名)君の一日を追ってみよう。

  • Q&A
  • ちょっとイメージしずらい新聞奨学生制度。よくある質問をピックアップしてみました。
  • 奨学金は卒業後に返済するのですか?

    • 返済の必要はありません。さらに、働くことによって毎月の給与や年数回の賞与を奨学金の他に受け取ることができます。

  • 女子でも入会できますか?

    • もちろん入会できますし、実際に多くの女子が目標を持って働いています。心細くならないように女子は複数以上を配置している奨学会もあります。女子だからと言って男子と給料や賞与で差が付くことはありません。

  • 休日はどのくらいありますか?

    • 奨学会やコースによって異なりますが、4週6休(28日間で6日の休み)が多いようです。同僚が休みの日はコースを交代しフォローしあいます。また、有給休暇も設定されていますので、旅行や帰省などで利用できますよ。

  • 給料は足りるのでしょうか?

    • 家賃を支払う必要がありませんし、食費は払いますが、販売店で朝・夕食が食べられますので、無駄使いをしなければ十分な金額です。奨学生をしながら貯金をしたという人も少なくありません。

  • 奨学会のご案内
    奨学会のご案内
    新聞奨学生ガイドに賛同していただいている新聞奨学会の詳細情報です。新聞奨学会によって制度の詳細は異なるので多くの奨学会に資料請求をして自分の波長にピーンとくる奨学会を研究する事をおススメします。
  • 新聞奨学生制度説明会
    新聞奨学生制度説明会
    新聞奨学会(新聞社)各社は、自社の新聞奨学生制度について詳しい制度説明会を積極的に開催しています。これらの説明会は、パンフレットやホームページを見ただけでは分らない情報や話が聞ける絶好の機会です。