HOME > 新聞奨学生 現役・OBの話 > 新聞奨学生「小松春樹さん」からのメッセージ&アドバイス

「全集中」で配達!3カ月必死に頑張れば慣れる

小松春樹さん アミューズメントメデイア総合学院 在籍中
小松 春樹 さん
出身高校:長野県飯田風越等学校
駒澤大学 グローバル・メディア・スタディーズ学部 1年生
朝日新聞 桜新町 勤務中
2020年入会
「全集中」で配達!3カ月必死に頑張れば慣れる
小松 春樹 さん
新聞奨学会に応募した動機は?(複数回答可で選択いただいた回答です。)
・親からの自立  ・家庭の経済的理由

在籍された新聞社の奨学会を選んだ理由を教えてください。
父、兄が「朝日奨学生」でした。両立の厳しさも聞いたうえで、卒業に負債を残すことは将来の重荷になるので避けたいと考え、朝日奨学会にお世話になることを決めました。

新聞販売店で働いて、ためになった事は何ですか?
高校ではアルバイトをしたことがありませんでした。新聞販売店の上司、先輩、お客様とのコミュニケーションで社会人としての立ち居振る舞いを学び、責任感が身につきました。

新聞販売店で働いて、つらかった事は何ですか?
生活リズムに慣れることが1番大変でした。大学はオンライン授業がほとんどだったので、朝刊後に仮眠を取るなどして自分のリズムを確立しました。

配達で注意している点はなんですか?
「全集中」して配達することです。不着や誤配をゼロにするために配達に集中しています。

後輩にメッセージをお願いします。
慣れるまでは挫折することもあると思います。でも慣れてしまえば大丈夫です!まずは3カ月必死に頑張れば大丈夫です!

このメッセージは朝日奨学会様のご協力により作成しました。