HOME > 新聞奨学生 現役・OBの話 > 新聞奨学生「秋山翔太さん」からのメッセージ&アドバイス

責任感や精神力など様々な面で成長できる

秋山翔太さん 横浜商科大学 在籍中
秋山 翔太 さん
出身高校:藤枝北高等学校
横浜商科大学 在籍中
読売センター 菊名・大倉山 勤務中
2016年入会
責任感や精神力など様々な面で成長できる
秋山 翔太 さん
在籍された新聞社の奨学会を選んだ理由を教えてください。
他の奨学生制度と比較してみたところ、返済免除額、給与などの待遇面が一番良かったからです。また、運営主体が発行本社という点もとても安心だと感じました。

新聞奨学生をしていて良かった事は何ですか?
何よりも、精神力が鍛えられたことです。高校生の頃は、アルバイトをしていても自分のことだけで、同僚のことなどは一切頭にありませんでした。しかし、奨学生になってからは、自分が急に休んでしまうと他のスタッフに負担がかかってしまう、という思いを常に持てるようになり、責任感が芽生えました。その結果多少のことでは休まずにここまで続けてこられました。格段の進歩だと思います。

新聞販売店で働いて、つらかった事は何ですか?
いくつかありますが、一番は悪天候です。雨はすぐに慣れましたが、雪には本当に苦労しました。私は静岡出身なので、ほとんど雪のなかでの作業の経験はありません。4年間で数日ではありますが、バイクの運転はもちろん大変でしたし、歩いていても何度も滑ってしまい、これだけは慣れませんでした。

後輩にメッセージをお願いします。
奨学生は、時間の制約があり大変な面はあります。でも、私がそうだったように間違いなく様々な面で成長できます。学生生活を謳歌できないのではという心配もあるかと思いますが、しっかり休みは取れるので休日の前に友人との約束を合わせてもらったり、自宅の近くまで来てもらったりと周りの協力もあり十分に楽しめました。そのためにも信頼できる友人づくりをしておくことです。このような友達は一生付き合えると思いますし、人生の宝になると私は思います。奨学生生活は大変ですが、やる価値は学費の免除以外にも大いに感じます。みなさんもぜひチャレンジしてみてください。

このメッセージは読売育英奨学会様のご協力により作成しました。