HOME > 新聞奨学生 現役・OBの話 > 新聞奨学生「小川紅弥さん」からのメッセージ&アドバイス

お客さんや友人からのエールが力に!

小川紅弥さん 東洋大学 在籍中
小川 紅弥 さん
出身高校:茨城県立日立北高等学校
東洋大学 在籍中
NSN田町 勤務中
2017年入会
お客さんや友人からのエールが力に!
小川 紅弥 さん
在籍された新聞社の奨学会を選んだ理由を教えてください。
高校の先生から教えてもらいました。
奨学金を借りるつもりでいたけれど、気が付いたら期限が過ぎてしまっていて、一度は進学を諦めていました。そんな中、両親や高校の先生が必死になって探してきてくれたのが日経奨学会でした。だからこそ「やるしかない!」と決意を固めました。

新聞奨学生をしていて良かった事は何ですか?
時間の使い方が上手くなりました。
初めは仕事との両立で忙しく、学校の友人は作れないかもと感じました。でも仕事に慣れてからは、バスケ部に入って部員のみんなで休みの日に遊びに行ったり、その分仕事の合間に勉強したりしています。要は自分次第。
新聞奨学生でも十分に学生ライフを楽しめますよ。

配達中大変だったことはありますか?
やっぱり慣れるまでは大変。初めは仕事が始まると泣いてばかりでした。足は筋肉痛で痛いし覚えることも多くてパニック。何より出来ない自分が悔しかったです。そんな時、読者の方からかけて頂いた「ご苦労様」「頑張って」の言葉が励みになりました。

今後の目標を教えて下さい。
13年間続けてきたバスケの経験を活かして、スポーツ関連の仕事に就くのも良いなと考えています。例えばスポーツ店の店員になってお客さんのために商品を選ぶのも良いし、経験者の意見を活かして商品開発に関わるのも面白そう。未来はそれこそ自分次第だから、これからも色々な経験を積んで将来の幅を広げたいです。

このメッセージは日経育英奨学会様のご協力により作成しました。