HOME > 新聞奨学生 現役・OBの話 > 新聞奨学生「樋口広規さん」からのメッセージ&アドバイス

卒業まで残り半年! 学業と仕事の両立を成し遂げたことは大きな誇りとなっています

樋口広規さん 駒澤大学 在籍中
樋口 広規 さん
出身高校:北海道旭川南高等学校
駒澤大学 在籍中
NSN駒沢 勤務中
2016年入会
卒業まで残り半年! 学業と仕事の両立を成し遂げたことは大きな誇りとなっています。
樋口 広規 さん
在籍された新聞社の奨学会を選んだ理由を教えてください。
他社と比較したときに奨学生に対する待遇がとても充実していると感じたからです。
集金業務が無いことや全室へのエアコン完備、給与額などの制度面に加え、パンフレットに掲載されていた先輩の楽しそうな顔を見て、「学生思いの会社」であると感じ応募しました。

新聞販売店で働いて、ためになった事は何ですか?
「働くという事」を学ぶことが出来ました。新聞奨学生をしている人は他の学生と比べ、金銭的にも人間的にも自立をしている人ばかりです。また販売店には所長さんや社員さん、パートさんなど様々な方がいます。
そういった方々と接する中で働くという事の尊さや、社会のマナーなどを学ぶ事が出来ました。また何より「諦めずにやり切る」事が出来る人間になれました。

配達で注意している点はなんですか?
ただ新聞を届けるのではなく、届けた新聞の先に読者の方がいるという事を考え、配る時間や新聞の破れや雨濡れが無いかなど細かく気を配るようにしています。

後輩にメッセージをお願いします。
新聞奨学生制度を使い自立した学生生活を送ろうと考えている皆さんは、もうすでに周りの人たちよりも一歩先へ進んでいるのではないでしょうか?
そんな皆さんなら、学業と仕事の両立も苦ではないと思います。
時間を効率的に使って全力で挑戦を続けて下さい!

このメッセージは日経育英奨学会様のご協力により作成しました。