HOME > コラム > 自らの体験をコミックに

自らの体験をコミックに|漫画家 石見翔子さん

第29回コラム

  • かなめも」は新聞販売店を舞台とした、人気コミックである。
    芳文社発行の『まんがタイムきららMAX』に2007年から連載され、姉妹誌『まんがタイムきらら』や『まんがタイムきららキャラット』にゲスト掲載や短期集中連載されている。また、2009年にはアニメ化され、単行本として現在第4巻まで発行されている。
  •  主人公は、身寄りのない中学生の少女 中町かな。「住み込み可」という募集広告を見て飛込んだのが「風新新聞専売所」。
    そこは、なんと全員美少女の新聞奨学生なのだが、それぞれ大変な個性の持ち主である。なにも知らなかったかなを待っていた強烈な体験の数々。
    しかし天然キャラのかなは、そんな体験を楽しみつつ、仕事をし、学校に通い明るく成長してゆく。
  •  作者の石見翔子さんは福井出身の売れっ子コミック作家であるが、高校三年の受験の際に新聞奨学生制度を知り、奨学生として学生生活を送った。
    自分の体験を生かした漫画を描きたいと思い、新聞販売店を舞台に選んだという。
  •  体験から描かれたエピソードの数々は、今それを経験している新聞奨学生たちは「そう、そうそうなんだ」、「こんな事があったな」と共感するだろう。そして、そこに注がれる作者の暖かい眼差しにはげまされるのではないだろうか。
  • 石見さんは奨学生たちに「本当に本当にいまの時代だと大変だと思いますのでがんばってください」とのメッセージを送ってくださった。
  •  『新聞奨学生ガイド』も厳しい時代を生きる君たちを応援しています。
  • *新聞配達をした著名人を知っている方はぜひ編集部までお知らせ下さい!