HOME > コラム > 行列の出来る法律事務所を主宰

行列の出来る法律事務所を主宰|国際弁護士 丸山和也さん

第12回コラム

  • 「丸山国際法律特許事務所」代表の丸山和也さんは、1946年兵庫県生まれ、いわゆる団塊の世代のすこし手前。早稲田大学法学部から国家公務員上級職試験合格し法務省入省、その翌年司法試験に合格した。76年には渡米、ワシントン大学ロースクールで学び、ロサンゼルスの法律事務所勤務の後帰国。企業間の紛争・交渉などを中心とした国際法務を得意とするほか各種特許紛争、個人の問題にも幅広く取り組んでいる。
     また、『正義の判決』、『行列のできる丸山法律塾』『ビジネスマンが行列する法律事務所』『蓮の花は泥沼に咲く』など多数の著作で法律のことを解かりやすく語るとともに、様々なメッセージを発信している。日本テレビの「行列の出来る法律相談所」にも出演中だ。
     その輝かしい経歴の丸山さんも、大学生の時は新聞配達員として、結構大変な思いをしたようだ。
    丸山さんの《行列のできるブログ「丸山法師の徒然草」》でその頃の思い出を綴っている。
    配達をしていたのは大学1~2年の時。当時は折込チラシを手で挿入したこと、雨で新聞をぬらした苦労など。配り忘れの家からの大目玉、そして何より辛い朝の早起き、これは今も変わらぬ苦労だろう。
    しかし、丸山さんは「今思い返せば、さまざまな出来事があった」となつかしげに書いている。
  •  今、仕事に勉学に厳しい毎日を送っている君たち、そして新聞奨学生を目指している君たちも、きっといつかその日々を大切な思い出として振り返る日が来るだろう。新聞奨学生ガイドは君たちを応援しています。
  • 丸山和也オフィシャルサイト
  • *新聞配達をした著名人を知っている方はぜひ編集部までお知らせ下さい!