HOME > コラム > 新聞配達から得たもの

新聞配達から得たもの作家山本一力氏

第4回コラム

  • 2002年1月、第126回直木賞に選ばれた山本一力氏。受賞作である『あかね空』(文藝春秋)は、江戸の豆腐職人一家を描いた人情時代小説であり、今も昔も変わることのない家族愛をテーマにしている。2003年9月にテレビ愛知の開局20周年記念の特別番組として制作され、テレビ東京系列で全国放送された。
  • そんな売れっ子作家である山本氏だが、45歳で作家を志すまでは、旅行代理店や広告制作会社、航空関連の商社など、さまざまな仕事を経験してきたという。そして、その出発点は、意外にも新聞配達だった。
    家庭の事情により、生まれ故郷の高知を離れ、母と妹ともに中学3年の時に上京。都内の新聞販売店に住み込み、高校卒業までの4年間、新聞配達を続けたという。
    季節や天候を問わず、起床は午前4時。
    自転車やオートバイはなく、新聞を肩ひもで背負い、ひたすら自分の足で走る日々。つらい。眠い。きつい。
    しかし、これこそが自分の体と根性とを鍛えてくれた、と後に語っている。
    そして、原稿執筆に追われる今、体力、気力とも丈夫で、充実していられるのも、ひとえに新聞配達のおかげだとも。当時はわからなくとも、山本氏が新聞配達から得たものは、はるかに大きかったようである。
  • 夢を実現させようと新聞奨学生を目指すみなさん、現在がんばっているみなさん、誇りと責任を持てる仕事に携われることを喜びとしてください。新聞奨学生ガイドはみなさんを応援します。
  • (参考資料:読売新聞2003年1月26日掲載「よむサラダ」)
  • *新聞配達をした著名人を知っている方はぜひ編集部までお知らせ下さい!